組合の概要

個人情報保護取組み

個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

1.基本理念

東京美容国民健康保険組合(以下「当組合」という。)は、常日頃より加入者の視点に立ち、よりよい加入者サービスの提供を目標として、医療保険業務を営んでいます。加入者に応じて迅速で的確なサービスを提供させていただくためには、加入者に関する様々な情報が必要です。加入者と確かな信頼関係を築き上げ、安心してサービスを受けていただくために、加入者の個人情報の安全な管理は必須です。当組合では下記の方針に基づき、個人情報保護に厳重な注意を払います。
本方針は、加入者の個人情報のみならず、当の職員情報など、当組合が取り扱う全ての個人情報についても適用します。

2.個人情報の範囲

当組合の取扱う個人情報は、適用・給付・徴収に係る医療保険業務、健診・検診に係る保健業務、当組合の人事・給与、資産管理、財務会計等に係る業務に必要な個人に係る情報のすべてを指します。個人情報は、特定個人情報も含みます。特定個人情報は、個人番号(個人番号に対応し、当該個人番号に代わって用いられる番号、記号その他の符号であって、住民票コード以外のものを含む。)をその内容に含む個人情報を指します。法令の定める業務範囲の手続において、個人番号の記入欄のある様式を用いて得られた情報については、様式に個人番号の記入がない個人情報も特定個人情報と同様に取り扱います。

3.個人情報の取扱いについて

当組合は、個人情報の取得にあたって、健康保険法等で取得が義務付けられている場合を除き、予め利用目的を明確にし、同意を頂いた上で取得します。
個人情報の利用及び提供については、同意を頂いた利用目的の達成に必要な範囲内において利用及び提供を行います。また、法令等で定められた場合を除き、目的外利用や第三者提供を行わないこととし、そのための措置を講じます。
特定個人情報については、下記の場合以外の場合は、利用目的の範囲を超えて、利用しません。
①行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)(以下「番号法」という。)第9条第4項の規定に基づく場合
②人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意があり、又は本人の同意を得ることが困難であるとき。
また、特定個人情報については、番号法第19条各号のいずれかに該当する場合を除き、提供しません。

4.法令等の遵守について

当組合は、個人情報保護及び特定個人情報保護に関する日本の法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。

5.安全管理措置について

当組合は、加入者の個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えいを防止し、安全で正確な管理に努めます。
外部委託事業者に対して、適切な監督を行います。

6.問い合わせ窓口

当組合における個人情報の取扱に関するお問い合わせは下記の相談窓口で受けます。
個人情報保護相談窓口  電話  03-5908-8201

7.個人情報保護の仕組みの改善

当組合は、個人情報保護のための運用ルールを整備し、それに基づいて加入者の情報を管理します。また、この運用ルールは適宜見直し、継続的な改善を図ります。

↑ PAGE TOP