保険給付

出産育児一時金 直接支払制度

「出産・死亡・入院」したとき、次の手当金が支給されます

出産育児一時金 直接支払制度

被保険者が出産したとき、1件当り420,000円※を出産する医療機関等へお支払します。出産にかかった費用が420,000円の範囲内であった場合には、その差額分は、後日申請により支給します。
また、直接支払制度を利用しない場合は、申請により被保険者へ支給します。妊娠4ヶ月以上であれば、死産、流産でも支給されます。(404,000円 平成27年1月1日以降の出産より)

美容国保の資格取得後、6ヶ月以内の出産において、取得前に社会保険等を本人資格で1年以上加入していた方は、出産育児一時金の申請先として以前に加入していた健康保険も選択できます。受取代理制度を利用の場合は、利用前に医療機関もしくは当組合までお問合せください。

※ 産科医療補償制度未加入の医療機関等で出産した場合は404,000円(平成27年1月1日以降の出産より)となります。

↑ PAGE TOP