マイナンバー利用について

マイナンバー利用について

マイナンバーが必要です。

東京美容国民健康保険組合は、法令に基づき以下の各種手続き及び個人番号確認、本人情報確認においてマイナンバーを利用します。

  • 加入、脱退、氏名住所変更等の資格に関する事務
  • 高額療養費、限度額適用認定証等の保険給付に関する事務
  • その他の事務で法令により定められたもの

申請用紙にマイナンバーの欄があるお手続きは、マイナンバーの記入が必要になりますので、お間違いのないようにご記入の上、ご申請ください。なお、申請用紙にマイナンバーを記入いただけない場合、法令に基づき、医療保険者として住基ネットよりマイナンバーの提供を受けることとします。

マイナンバー記載の申請書が届いた際、本人確認として、番号確認と身元確認の2つを行います。
番号確認にて、正しい個人番号の確認を行い、身元確認にて、本人の身元を確認します。
マイナンバー記載の申請書をお送りいただく際は、添付書類として下記の番号確認に必要な書類から1点と、身元確認に必要な書類から1点(Cの場合は2点)の添付をお願いします。

※マイナンバーカードの写しは、1枚で番号確認と身元確認の両方ができます。
それ以外の場合は、②または③から1点、A~Cから1点(Cの場合は2点)の添付が必要です。

本人確認書類の組み合わせ例
  • マイナンバーカードのみ(①とA)→ OK
  • 通知カードの写し(②)+ 免許証の写し(B)→ OK
  • マイナンバー記載の住民票(③とC)+ 保険証の写し(C) → OK
  • 運転免許証の写し(B)+ 保険証写し(C) → ✖(番号確認に必要な書類(①~③)も必要です。)

個人情報保護に関する取り組み

特定個人情報保護評価

特定個人情報保護評価とは、番号制度の枠組みの下での制度上の保護処置の1つであり、特定個人情報ファイルの適正な取り扱いを確保することにより、特定個人情報の漏洩その他の事態の発生を未然に防ぎ、個人事業開廃業届済み書のプライバシー等の権利利益を保護することを基本理念とするものです。
当組合では、特定個人情報保護評価指針が定めるしきい値判断により、基礎項目評価を実施し、評価書を個人情報保護委員会に提出しています。

マイナンバーについてもっと知りたい方へ

マインナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178(無料)
(平日9:30~20:00、土日祝9:30~17:30)
総務省 マイナンバー制度
内閣府 マイナンバー(社会保障・税番号制度)